借金の過払い金請求とは?

「借金の返済ができない」「借金の返済額が多すぎて生活ができない」、そんな声をよく聞きます。借金で苦しむ理由のひとつに「金利の高さ」があります。元金自体はそんなに高額ではありませんが、高利の利息がつくと元金がなかなか減りません。そのうちに多重債務に陥り自転車操業で返し続ける人もいるのです。平成22年に「貸金業法」が改定されるまでは、貸金業者がお金を貸すときの金利は、実は「利息制限法」と「出資法」の二本立てで設定されていました。

利息制限法では業者が客にお金を貸すときは金利を15~20%にしなければならないのですが、出資法では29.2%まで可能になっているのです。業者は客にお金を貸すことを「出資する」と解釈して企業や自営業者ではない一般の客に19.2%の利息を課していました。

さらに、貸金業法が改正される前は、業者はこの利息制限法で決められた15~20%を下限、出資法で決められた29.2%を上限とした範囲内で自由に金利を決めていたのです。この下限と上限の間がいわゆる「グレーゾーン」と言われているものです。グレーゾーンというのも名前ばかりで、実際は29.2%の利息をつけていた業者はかなりいたのです。

平成22年に「改正貸金業法」で、グレーゾーンの金利を違法としたので、本来払わなくてもいい利息、「過払い利息」が発生します。業者は利用者の請求があれば、これを返還しなければなりません。グレーゾーン時代に借金をした方は過払い金が発生する方は多いはずですが、どうやって請求すればいいかわからない方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では、「過払い金請求」についてご説明いたします。